2017年12月12日

署名20万名超えで記者会見 〜 NHK、仙台放送、東北放送、河北、朝日、読売、毎日で報道されました

 11月21日仙台北陵クリニック筋弛緩剤冤罪事件全国連絡会は仙台高裁に第30回目の要請行動を行い4,985筆の署名を提出しました。仙台高裁に提出した署名は91,776筆になり仙台地裁に提出した分109,500筆と合わせ再審申し立て以降の署名20万筆を突破したことで、7県29名の要請参加者とともに仙台市内で記者会見を開きました。

 最初に阿部泰雄弁護団長から事件の概要と進行状況が話され、事件性の無い事件であり冤罪であること、裁判所は今年度中に判断をする意向であること一週間後に記者レクを予定していることなどが報告され、支援運動の報告を鹿又輝男宮城の会会長や長沼俊郎宮城の会事務局長が行いました。   

 今回の要請に参加した布川事件の桜井昌司さんは日野町事件の証拠開示の経過などを紹介し、守さんの事件は殺人事件なのに凶器すら法廷に提出されていない、他の冤罪事件でも検察官が全ての証拠を隠していることが問題、証拠を開示してもらい正しい判断をと訴えました。

 守大助さんの母親の祐子さんは裁判所に入るときに隣の小学校の児童から頑張ってと声援を受けたことと以前裁判所前で宣伝行動をしたとき通りかかった小学生とのエピソードを紹介し、確たる証拠も無いのに犯人にされるのは小学生でもおかしいと判ること、裁判所は正しい判断をして一日でも長く息子と暮らさせて欲しいと訴えました。

 この記者会見にはテレビ4局ほか地元紙をはじめとする新聞各社など多くのマスコミ関係者が集まり、質疑の時間には次々と質問があり関心の高さがうかがえました。

 最後に司会を務めた茨城の会の大名章文さんは事件当初のマスコミの過剰な報道にふれ、他の事件の報道でも同じようなことがある、冤罪だった場合はどうするのか、マスコミ関係者は関心を持ってもらい記者の方には冤罪かどうか自分の目でよく見て判断して欲しい。この事件はマスコミによってつくられた事件と言っても過言では無いと言う面がある、冤罪を晴らすにもマスコミの力を借りたい、その事がマスコミ自身の力を生かして人権を守る立場に立つことになるのではないかと締めくくりました。

※新聞報道は一部、インターネットでも読むことができます。
https://mainichi.jp/articles/20171122/ddl/k04/040/066000c
http://www.asahi.com/articles/ASKCQ44JMKCQUBQU004.html

NHKニュース845
NHKニュース845

東北放送Nスタみやぎ
東北放送.jpg

仙台放送みんなのみやぎ
仙台放送.jpg
posted by mori-daisuke at 12:12| 連絡会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする